借金が返済できない!?返済額を大きく減らして完済する方法

どうにもならなくなったら専門家へ

  • 返済プランや収入と支出の見直し
  • 金融会社へ相談して法規的措置をとってもらう
  • おまとめローンなどによる借金の一本化、など

自分でできることは全てやっかにもかかわらず、借金返済コツを掴めずに返済していくことができないという状況に陥っていませんか?

 

どうにもならない状況を何とかしようとしても、状況はさらに悪化するだけです。
借金の問題を一人で抱え込むのは非常に危険なことです。

 

問題が深刻になる前に、誰かに相談して解決策を講じましょう

 

借金の問題を相談できるところは多くありますが、最も頼れるのは法に通じている弁護士や司法書士です。
個人では難しい交渉や手続きも、法に則った正しい手順で行なってくれるので安心して任せることできます。

 

しかし、いくら法律事務所といえど扱う問題の得手・不得手は存在します。
そのため、金融問題に強く、経験と実績が豊富で対応がしっかりしているところを選びましょう

 

法律事務所を選ぶポイント

債務整理や過払い金などの宣伝を行なっている法律事務所は数多くあります。
しかし、それら全てが金融問題に強いわけではありません。

 

該当する問題に対しての専門的な知識がなければ、依頼者の希望に近い結果を出してもらうことは難しくなります。
せっかく相談しても、残念な結果にならないように、選ぶときのポイントを知っておきましょう。

 

金融問題の専門家である

いくら弁護士が法律に精通しているといっても、全ての分野を完全にマスターしている弁護士は一人もいません。
必ず得意な分野や苦手な分野は存在します。

 

金融問題が苦手な弁護士に依頼してしまったら、良い結果はあまり期待できないでしょう。
そうならないために、金融問題や債務整理が専門である事務所を探すべきなのです。

 

ではどうすれば見つけられるでしょうか?
まず、ホームページを調べましょう

 

債務整理に関しての情報が豊富で、実績が載っているかを確認しましょう。
また、口コミや評判などを調べ、信頼できるかどうかを確認します。

 

メディアにも取り上げられていれば、信用度も増すでしょう。

 

費用が明確に記載されている

弁護士や司法書士に依頼をすることは、決して安いものではありません。
そのため、各依頼内容に対しての費用をできるだけ明確に記してあるか、事前に見積もりを出してくれるかなどを必ず確かめましょう

 

しかし、実際の手続きの際に予期せぬ事態が起こり、追加費用が発生する場合もあります。
その際、事前に説明などを行なってくれるかどうかも重要なポイントとなります。

 

誠実で丁寧な対応をしてくれるか

相談だけなら無料である法律事務所は多いので、いくつかの事務所に電話をかけて対応の仕方を観察してみると良いでしょう。
ポイントとしては、

 

  • 話をきちんと聞いてくれるか
  • 話し方や対応や態度には問題はないか
  • こちらの質問に丁寧かつ分かりやすく答えてくれるか
  • こちらの立場や要望などを的確に把握して具体的なアドバイスを出してくれるか

などをチェックしましょう。

 

経験が豊富で優秀な弁護士であるほど、依頼者の問題に真摯に向き合い、丁寧に問題を扱ってくれます。

 

自宅または職場から行きやすい場所にある

債務整理の依頼は、直接会って相談しなければ引き受けてもらうことができません
そのため、自宅または職場などから行きやすい法律事務所であるか調べておく必要があります。

 

近場あるいはすぐにいける場所にあれば、何かあっても対応してもらいやすいので安心できます。

 

弁護士と司法書士どちらに頼むべき?

弁護士も司法書士も、それぞれにメリットとデメリットがあります。
しかし、どちらを選ぶにしても大事なポイントは一つです。

 

それは経験が豊富ということです。

 

債務整理の経験があればあるほど、安心して依頼することができます。
しかし、場合によってはそれぞれのメリットとデメリットを把握していないと、経験だけでは補えない思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

 

弁護士のメリットとデメリット

弁護士は、任意整理の際に受ける制限がほとんどありません
借金がどれだけ高額でも問題なく取り扱ってもらえますし、交渉や訴訟も全て任せることができます。

 

また、手続きが完了するまでの期間も早く、最低3カ月から6カ月ほどで完了します。
手続きが長引く場合もありますが、スムーズにいった場合は弁護士に頼んだほうが確実に早いでしょう。

 

弁護士に依頼する際の最大のデメリットは、費用が高いという点です。
依頼する前には必ず見積もりを出してもらい、今後の手続きで発生する可能性のある追加費用についてもきちんと説明してもらいましょう。

 

司法書士のメリットとデメリット

司法書士は、弁護士に依頼するよりも費用が安いというメリットがあります。
しかし、債務整理の際に受ける制限は弁護士の比ではありません

 

まず、債務整理を行なえるのは「認定司法書士」という肩書きを持った人だけです。
普通の司法書士では債務整理手続きを行なうことができないので、相談するときには必ず「認定司法書士」であるか確認しましょう。

 

そして、司法書士には取り扱える金額にも制限があり、140万円以上の借金は取り扱うことができません
これは、既にある借金でも過払い金でも同じです。

 

例えば、引き直し計算を行なった後に過払い金が140万円以上あることが分かったら、依頼者本人が交渉するか、あるいは弁護士に依頼しなおさなければならなくなるのです。

 

また、自己破産や個人再生の場合にも司法書士では申立代理人になることができないので、必然的に弁護士に依頼する必要があります。

 

ここまで見ると司法書士はデメリットだらけのように見えますが、実は司法書士でも自己破産や個人再生を取り扱えるケースは少なくないようです。
最初から諦めるのではなく、一度相談してみると良いでしょう。

 

最終的には経験がものを言う

弁護士に依頼すれば、費用は高いものの、ほとんどの債務整理は問題なく行なってもらえるでしょう。
司法書士は、「認定司法書士」であることや140万円以下の借金しか取り扱えないなど制限はあるものの、決してレベルが低いわけではありません。

 

どちらを選ぶにしても一番大事なのは、経験が豊富であるということです。

自分の目的に合った法律事務所をいくつか選び、最も安心して任せられる専門家を選びましょう。